ブログ


tvアンテナにブースターは必要なものなの?

ブースターは、テレビを視聴する環境により必要な場合があります。

 

電波塔から送られる電波をtvアンテナが受信すると、テレビの視聴が可能になります。

 

周りの建物や電波塔との距離、自宅に届く電波の強さなど様々な問題で電波が届きにくい環境に住んでいる場合はブースターを使います。

 

ブースターで電波を増幅させると、電波が弱い地域に住んでいても安定してテレビを楽しめます。

 

複数台のテレビを持っている場合は、視聴するために分配器を使います。

 

分配器はアンテナで受信した電波を複数のテレビに分配できる便利な機器ですが、それぞれのテレビに届く電波が弱くなります。

 

分配器を使っている場合も、ブースターを使って電波を増幅させるとテレビの映りが良くなります。

 

ブースターには屋内型と屋外型があり、屋内型はテレビの近くに設置します。

 

屋外型は電源部をテレビの近くに設置し、増幅部はアンテナの近くに置きます。

 

屋内型は高い効果が期待できますが費用が高くなり、屋内型はコストを抑えられます。

 

少しテレビの映りが悪い程度なら屋内型のブースターを選択し、電波が弱すぎる地域に住んでいる場合は屋外型を選択するのが一般的です。

 

屋外型ブースターを設置する場合は落下の危険があるので、通常は専門会社に依頼します。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.