ブログ


給湯器故障に多い原因

給湯器にも寿命があります。故障の原因として一番考えられるのは、経年劣化です。

 

8年から10年経っている物は、修理や交換をする必要があります。

 

10年以上たっている給湯器は、修理をしてもまた故障する可能性があるので、一般的に交換を勧められることが多いです。

 

リモコンが付いている物は、エラーコードが表示されるので原因を探ることができるでしょう。慌てずに、まず、説明書等を調べて見て対策を考えましょう。

 

また気温がぐんと下がって配管にたまった水が凍結すると、給湯器の配管が破裂して故障につながることがあります。

 

破裂がない場合は、凍結した水が溶けてそのまま使用することができますが、破裂した時は、配管の交換をする必要があります。

 

このような時は、至る所で水道関係の問題が起きていることが考えられ、事前の対処や事後の迅速な対応も大切になります。

 

自然災害では、大雨や台風の時にも給湯器に気を配っておく方がいいです。

 

雨が給湯器の内部に入ってしまうと、添加しにくくなってしまいます。

 

給湯器の中にごみや埃があると、それが湿気をふくんでしまい故障の原因になるのです。

 

日常の点検が大切です。

 

台風で強い風で飛んできた植木鉢などが給湯器にぶつかって、故障の原因になることもあります。

 

いつもと違う音が給湯器からすると、どうしたのかなと心配になります。

 

そのままにしておくと、故障だけでなく火災につながることもあるので注意が必要です。

 

ファンモーターや循環パイプの他にも、配管内の圧力変化やガス漏れなどの可能性があるので業者さんに連絡相談し、調べていただく方がいいでしょう。

 

匂いがいつもと違うのも故障のサインです。設置したばかりの時の匂いは、組み立てで使った油の燃焼が考えられますが、悪臭が続く時はガス漏れかもしれません。

 

水漏れの故障は、パッキンの部品が劣化していることが考えられます。

 

水漏れは不完全燃焼につながるので気をつけなければいけません。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.