ブログ


テレビアンテナの故障原因って?落雷編

そもそもテレビが見れなくなる原因ってどんなことがあるのでしょう?
数多くのアンテナトラブルを解決してきたからこそわかるアンテナの故障原因をご紹介します。

今回は落雷について解説します。

 

そもそも落雷でアンテナは壊れるの?

 

 

夏場になると急増する落雷被害。本部のある群馬では夏場の夕方になると毎日のように遠くのほうで稲妻光っており、工事中でも雷が鳴りだして怖い思いを何度も経験しています。

 

では実際に落雷被害でテレビは映らなくなるのでしょうか?

 

答えはYESです。

 

そのため夏場になると毎日のように落雷被害によるお問合せをいただきます。

落雷の場合は火災保険が適用できるケースが多いのでお客様には金銭面の負担なく工事できることがあるので是非ご相談ください。

 

弊社では費用の建て替えもいただいておりません(^^♪

 

2種類の落雷被害

 

 

一概に雷の被害といっても大きくわけて2種類の落雷被害が存在します。

 

ひとつめは直撃の被害。これは説明もいらないと思いますがアンテナに雷が直撃するパターン。

 

アンテナはもちろんブースターや分配器、ひどいときはテレビ本体もやられます。

 

というか家中の家電製品がやられます( ;∀;)

 

やられやすいのはテレビ、インターフォン、給湯スイッチなどが多いです。

 

いっぺんに電化製品が使えなくなるためかなり不便です。

 

そして、二つ目が誘導雷による被害。

 

実はアンテナの雷被害で一番多いのが誘導雷によるブースターの故障です。

 

誘導雷とは簡単にいうと近くに落ちた雷が地面などを通って建物に入り込む雷のこと。

 

近くで雷が鳴りだしたら、急に家のブレーカーが落ちたなんて経験はないでしょうか?

 

実はあれは誘導雷によって安全ブレーカーが作動しておきる停電です。

そしてブレーカーを上げると普通に電気は回復するのに、テレビだけが映らないということがあります。

 

これは家の中で唯一テレビアンテナのブースターが誘導雷によって故障してしまったということです。

 

そもそもあまり知られていませんがブースターはアンテナの電波を増幅する役割のほかに、落雷時にブースターを壊すことでブースターから先に電流が流れ込まないようにするためのブレーカー的な役割があり、わざと落雷などに弱いつくりになっています。

 

ですので誘導雷で唯一故障してしまいやすいとも言えます。

 

安全のためなので仕方がないのですが、やはりブースターも高価な製品なので大きな痛手にはなりますね((+_+))

 

落雷と火災保険

文中でも何度かふれていますが、落雷による被害は火災保険の適用で修理費用が全額(契約によっては一部)保険請求できるケースが多いです。

実際に弊社でもお客様の保険加入状況をお聞きして火災保険の申請をサポートし、ほとんどの方が保険金適用となっています。

 

また、保険会社によっては保険適用を渋るケースもあるので、その辺も経験と実績で保険会社と交渉して一円でも多くの保険料を保険会社様からお支払いいただけるようにサポートしています。

 

そして弊社の強みは、基本的には保険金が下りた金額しかお客様にご請求をしないことにあります。

実際に、弊社では日々沢山の保険申請をサポートしているとはいえ、お客様にとってはほとんどが初めての経験です。

 

いくらサポートするとはいっても本当に下りるかどうか不安だと思います。

また、アンテナ工事は故障の状況によって金額が高額になるケースもあるので余計にお客様への金銭的、精神的不安は増します。

 

だからこそ、弊社では保険金が下りるまでお客様には費用の立替をいただいておりません。

一般的には無事に保険金が下りるので、経験と自信(実績)のある弊社が一定期間お客様の不安を軽くできたらと思い始めたサービスです。

 

何よりも被害がないのが一番ですが、もし被害にあわれた場合は是非一度ご相談ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.