【徹底比較】指向性アンテナと無指向性アンテナの違いとは

皆さんが普段視聴しているテレビ放送には放送電波を受信するためのテレビアンテナが必要不可欠です。

しかしテレビアンテナの機種や区分についての認知度はあまり高くないため、皆さんの中には自分の家庭に設置しているアンテナがどのような機種で、どんな特徴を持っているのかあまり知らない方もいるかもしれません。

そこで今回はテレビアンテナの中でも『指向性アンテナ』と『無指向性アンテナ』という二つの分類について比較しつつ解説していこうと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

指向性アンテナの特徴と注意点

そもそも指向性とは『電波や音の強弱が方向によって変化する性質』を指す言葉です。

そして指向性を備えたテレビアンテナである『指向性アンテナ』はアンテナの向きによって電波の受信感度が変化するという特徴を持っています。

この特徴は電波の送受信を行う相手が決まっているシチュエーションにおいて非常に効果的であり、そういった面で優れているテレビアンテナだと言えるでしょう。

指向性アンテナのメリット

指向性アンテナの大きなメリットとは、やはり指向性アンテナの特徴である『特定の方向への優秀な電波受信感度』でしょう。

どこか一方向から電波を受け取る場合において、指向性アンテナは中継点が遠く離れていても電波を安定して受信できるというメリットがあります。

またその強い指向性からノイズなどの影響を受けることも少なく、結果として綺麗な映像のテレビ番組を安定かつ快適に視聴することが可能になるのです。

ほかにも受信する方向を限定していることから消費電力を少なく済ませることができるため、設置場所や方向をよく考えて決めておけば、安心かつお得に使用することができるテレビアンテナだと言えます。

指向性アンテナのデメリット

さまざまなメリットを持っている指向性アンテナですが、その一方でいくつかのデメリットも抱えています。

それは『施工の難しさ』と『アンテナがわずかにズレただけで受信が不安定になる』という点です。

この中でも『アンテナのズレ』に関してですが、これは指向性アンテナの特徴と紐づいたデメリットだと言えるでしょう。

指向性アンテナの特徴である『特定の方向への優秀な電波受信感度』ですが、裏を返せば『特定の方向以外では著しく電波受信感度が低下する』ということです。

そのため指向性アンテナはアンテナの向きがほんの少しズレてしまうだけで電波の受信が不安定になってしまいます。

原因となるアンテナのズレは台風などの強風によるものだけでなく、アンテナに鳥が留まることなどによっても発生する可能性があります。

これらのデメリットによる被害や受信感度の低下を抑えるためには様々な対策を施す必要が出てきます。

無指向性アンテナの特徴と注意点

『無指向性アンテナ』とは文字通り『指向性が無い』アンテナのことを指します。

指向性アンテナがある一定の方向にのみ強い電波受信感度を誇るのに対し、無指向性アンテナは『あらゆる方向からの電波受信が可能なアンテナ』だと言えることができます。

ここからはそんな無指向性アンテナのメリットおよびデメリットについても解説していきましょう。

無指向性アンテナのメリット

無指向性アンテナは指向性を持たないアンテナです。

そのため特定の方向だけでなく、垂直方向や水平方向といった周囲360度に対して平均的な受信感度を実現しています。

また、この無指向性アンテナは受信側・送信側のどちらにおいても広範囲に向けて電波の送受信を行うため、受信側の位置・方向が変わってしまいがちなシチュエーションにも対応できるといった点は、指向性アンテナには存在しない無指向性アンテナ独自のメリットだと言えます。

こういった特徴があるため、無指向性アンテナは携帯電話のアンテナとして採用されてもいます。

それ以外にも、屋根上などの高所に設置場所が限られてくる指向性アンテナに対して無指向アンテナは室内の天井などにも設置できる製品も存在しており、住宅の外観を損なうことなく電波受信環境を構築できるというメリットがあります。

このように指向性を持たず、あらゆる方向に対して電波の送受信を行えるからこそ、設置場所の選定や施工などを簡単に済ませられるケースが多いという点も無指向性アンテナの大きなメリットだと言えるでしょう。

無指向性アンテナのデメリット

無指向性アンテナ最大の特徴とも言える『あらゆる方向から電波が受信できる』という点ですが、これには少しデメリットが存在します。

それは電波だけでなくノイズも一緒に拾ってしまい、結果としてテレビ画面に映る映像が乱れやすくなってしまうというものです。

また特定方向のみに優秀な電波受信感度を示すことで商品電力の節約にも繋がる指向性アンテナとは対照に、あらゆる方向から電波を受信するため消費電力も多くなってしまう点は無指向性アンテナのデメリットだと言えます。

それだけでなく無指向性アンテナを室内の天井などに設置した場合、水平方向に対する受信感度が高まる一方で、垂直方向に対する受信感度が低下してしまうといったデメリットが発生してしまいます。

そのため無指向性アンテナの直下では快適なテレビの利用が望めないことを念頭においた上で、室内のどこに設置するのか検討する必要があります。

アンテナに関するご相談はアンテナパンダまで

今回は指向性アンテナおよび無指向性アンテナについて比較しながらそれぞれの特徴や注意点を解説していきました。

皆さんがテレビアンテナを設置する際には、テレビアンテナそれぞれの特徴などをよく理解したうえで最適な機種を選ぶようにするとよいでしょう。

しかしテレビアンテナの機種ごとの違いや注意点をすべて覚えておくのは大変です。

そのためテレビアンテナの設置や選定の際にはアンテナ専門業者に依頼してしまうのも一つの選択肢です。

アンテナパンダではプロのスタッフが豊富な知識と技術を活かしてアンテナの設置やアンテナに関するご相談に対応しています。

24時間365日いつでも受け付けておりますので、テレビアンテナに関するお困りごとを抱えている方はぜひアンテナパンダまでお問い合わせください。

お電話で問合せ

LINEで問合せ

以下のLINEボタンをタップして、友だち追加後メッセージを送信ください。

メールで問い合わせ

    必須

    お名前

    任意

    ふりがな

    必須

    メールアドレス

    任意

    ご住所


    任意

    お電話番号

    任意

    お問合せ内容