【アンテナの豆知識】テレビアンテナの買い替え時とは

突然ではありますが、皆さんがお住まいになっている住宅は築何年でしょうか。

住宅は建てられてから時間が経つほどに劣化し、場合によっては修理が必要になることもあります。

また住宅だけでなく家電や日用品など、家庭で利用している道具や機器類には古くなると買い替えの必要性が出てきますが、それはテレビアンテナにも同じことが言えます。

そこで今回はテレビアンテナの買い替え時についてご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

テレビアンテナの買い替え時とは

まずはテレビアンテナの買い替え時についてですが、テレビアンテナの寿命はおおよそ10年と言われています。

設置から10年程度が経過してテレビ画面の映りが悪くなったり画面にエラーコードが頻繁に表示されるようになれば、その原因にはアンテナの不調が関係しているかもしれません。

我々のようなアンテナ専門業者ではお客様から問い合わせを受けた際には『アンテナの寿命は10年程度』と回答しています。

ですが実際には10年以上利用しても問題なくテレビの視聴が可能なアンテナも珍しくは無く、場合によっては20年以上利用できたというケースもありますが10年を経過する前に交換の必要が発生したというケースもあり、実際の状況は様々です。

ではなぜ我々がアンテナの寿命は10年程度とお客様に説明しているかについてご説明しましょう。

10年=交換の推奨時期

我々アンテナ専門業者がお客様にアンテナの寿命を10年程度とご説明するのには、設置から10年というタイミングがアンテナ交換の推奨時期だからです。

テレビアンテナは20年以上継続して利用できるケースもあれば、あっという間に故障してしまう場合もあります。

しかし一般的なアンテナの寿命は10年ですので、我々専門業者では10年を目安にテレビアンテナの交換・買い替えを推奨しているのです。

寿命を超えてアンテナを使用するリスク

アンテナそのものは電気を使用しない機器です。

そのため10年以上使用し続けたとしても発火や爆発といったトラブルが発生することはありません。

また、アンテナが寿命を迎えた場合にはテレビが映らなくなってしまうので日常生活において不便を感じることが多いですが、人体に悪影響を及ぼすようなトラブルは発生しませんのでその点はご安心ください。

ただし、屋根上に設置されたテレビアンテナが折れてしまったり、ワイヤーが緩んでしまうことによってアンテナ転落による事故が発生する可能性がありますので、その点に関しては注意が必要です。

アンテナの寿命は10年程度とされていますがワイヤーなど固定金具の耐用年数も10年前後となっている場合がありますので、長期にわたってアンテナを使い続ける場合にはメンテナンスを行って金具などの調子も欠かさずチェックするようにしましょう。

屋根上に設置されたアンテナは実際よりも小さく見えてしまいますが、万が一にでも落下すると大きな事故に繋がる可能性があるので注意しましょう。

アンテナの寿命を左右する要因とは

長期間の使用によってアンテナが故障してテレビが映らなくなってしまうのは、アンテナの素子が露出してしまったり錆びたことでアンテナが折れてしまうのが原因になります。

通常であればアンテナは防錆コーティングが行われており、テレビ電波を受け止める素子は外部とは触れないように設計がされています。

しかし設置から10年を超えているアンテナの場合には、サビ止めのコーティングが剥げてしまってアンテナ全体が錆びてしまったり、さらに本体が錆びてしまったことで素子の露出などが発生する可能性もあります。

皆さんがお住まいになっている地域でも古くなったテレビアンテナが赤茶色の錆びで覆われているものがいくつか確認できるかもしれません。

素子が露出してテレビの映りが悪化するだけでなく、アンテナを支える支柱の劣化による転倒や倒壊、落下の恐れもありますのでアンテナが錆びてしまっていないか注意するようにしましょう。

テレビアンテナを長持ちさせるには

ここまでテレビアンテナの寿命は10年程度と繰り返し説明してきましたが、実際には10年どころか20年以上も利用し続けているといったケースがあります。

皆さんの中にはやはりなるべく長いあいだ同じアンテナを利用し続けたいという考えをお持ちの方もいるでしょう。

買い替えには当然ですが費用がかかるため、長期間おなじアンテナを利用し続けることができればそれだけ費用の節約に繋がります。

しかしテレビアンテナは屋根や屋外に設置されているため強風や雷雨などの影響を強く受けやすいのが実情であり、大切に扱って長持ちさせるということが難しい物になっています。

アンテナが寿命よりも短い期間で故障してしまう原因としては、アンテナ設置工事が正しい方法で行われていなかった場合や、設置地域が潮風や積雪などの過酷な自然環境にある場合などが挙げられます。

また、長期間アンテナを故障せずに使い続けられる場合、上記のようなアンテナ設置工事のミスがなく、自然による影響などを受けていない可能性が高いです。

そのためテレビアンテナを長持ちさせるには、

アンテナ設置工事を正しく行う

強風や雷雨への備えだけでなく、鳥害や積雪など設置状況に応じた対策を予め済ませておく

定期的なメンテナンスおよび補修を行う

などが重要なポイントだと言えるでしょう。

もちろん台風や地震などの災害によってテレビアンテナが破損してしまう可能性はありますが、少しでも破損や不具合が起こりづらいように備えておいて損はないでしょう。

アンテナ設置工事のご相談はアンテナパンダまで

今回はテレビアンテナの買い替え時・寿命について解説を行ってきました。

アンテナの買い替え時は設置から10年程度と言われていますが、実際には鳥害や強風への対策、設置場所の環境などによって買い替えのタイミングは前後します。

もしも買い替えが必要になった場合は、信頼できるアンテナ専門業者に依頼するのが一番です。

アンテナ専門業者であるアンテナパンダではプロのスタッフが豊富な知識と技術でアンテナ設置工事やご相談に対応しています。

24時間365日いつでもご相談・ご依頼は受け付けていますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お電話で問合せ

LINEで問合せ

以下のLINEボタンをタップして、友だち追加後メッセージを送信ください。

メールで問い合わせ

    必須

    お名前

    任意

    ふりがな

    必須

    メールアドレス

    任意

    ご住所


    任意

    お電話番号

    任意

    お問合せ内容