業界最安値!アンテナ修理・アンテナ工事・平面デザインアンテナ新規設置ならお任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-987-033 【電話対応時間】24時間365日受付

ブログ


全然決まらない間取りをスムーズに進める方法とは?

間取りが全然決まらず、建てるのに苦労した家

間取りが決まらない理由とその対処法について

この記事を読むための時間:3分

家を建てる決心をしたにも関わらず、肝心の間取りが決まらずに戸惑っている人も多いのではないでしょうか?間取りを中々決められない人には、ある共通の原因がある、といわれています。果たしてその原因とは一体何なのでしょうか。また、間取りをスムーズに決められる、コツのようなものはあるのでしょうか。

 

そこで今回は間取りが全然決まらない理由と、その対処法についてお話させてもらいます。間取りが決まらずに頭を抱えていらっしゃる方、必見ですよ!

間取りが全然決まらない理由とは

間取りが全然決まらない理由として、圧倒的に多いのが次の3点です。

 

・要望が多すぎる
・間取りのイメージが具体化していない
・担当者の力不足

 

間取りが決められない人は大体これら3つの理由について悩んでいます。どういうことなのか、具体的に解説していきます。

要望が多すぎる

間取りが全然決まらない、最も多い理由は、要望が多すぎて計画がまとまらないことです。間取りが全く決められない人の要望書を覗いてみると、1枚の要望書にびっしり要望がかかれています。あまりにも多いために具体化することができずに、計画が止まってしまう、というわけです。

間取りのイメージが具体化していない

間取りが全く決まらない理由の一つに、間取りのイメージがあまりにもぼやけていて具体化していないために、その後の計画が立てられない、というのがあります。イメージをイメージだけで持ち込んでしまっては担当者も戸惑ってしまい、具体的な意見がお互いに出ないので、その後の計画が立てられないのです。

担当者の力不足

間取りが全然決まらない人の意見を聞いてみると、担当者の力不足を理由に挙げる人は多いです。こちらから具体的な要望を出しているのに、それが可能かどうかの返答もない、アイデアを提案してもらっても、納得できるようなものではない、などの理由から、担当者の実力を疑う人も多いようです。

全然決まらない間取りを進めていくコツ

全然決まらない間取りを進めていくコツは、次の3点です。

 

・やりたいことに優先順位をつける
・具体化された、間取りプラン集を利用する
・担当者と根気強くコミュニケーションを取り続ける

 

どのようにして進めていくのか、具体的に説明していきます。

やりたいことに優先順位をつける

間取りをスムーズに決めていく、最善の方法は要望に対し、優先順位をつけることです。最初の段階で要望をどんどん出していくことは問題ありません。でも、家一軒に対し、やれることは限られています。であれば、最初に出した要望から特に実現したいものをチョイスし、具体化していったほうが、より現実的に間取りを決めていくことができます。

具体化された、間取りプラン集を利用する

もし頭の中の間取りがぼやけたもので、具現化しないのであれば、間取りプラン集を活用して自分のイメージに近いものを選択する、というのも1つの方法です。多種に渡る間取りプラン集の中にはあなたがいい、と思えるものがいくつかあるはずです。間取りプラン集の中から見つけた、お気に入りの間取りを担当者と共有すれば、その後のプランが容易に立てられます。

担当者と根気強くコミュニケーションを取り続ける

担当者に不信感が募ってしまったら、交代を希望する前にもう少し根気強くコミュニケーションを取り続けてみましょう。担当者の交代希望を業者に申し込めばわだかまりも生まれますし、もしかしたらコミュニケーション不足によって担当者のことをあまり良く理解できていないだけかもしれません。まずは今タッグを組んでいる担当者ともう少し突っ込んで話し合ってみましょう。

間取りをスムーズに進めよう

間取りの計画をスムーズに進めるには、まずは自分の要望を整理し、特に実現したいものを選んでおきましょう。担当者と常に良好なコミュニケーションをとり、時には間取りプラン集も活用すると、間取りの計画がよりスムーズに運びます。

 

間取りを決める際、テレビの設置場所はもうお決まりですか?テレビの設置場所は家族団らんの場所としても重要です。そんなテレビのアンテナを設置する場合も、修理する場合も、ぜひ私達にご相談ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.