業界最安値!アンテナ修理・アンテナ工事・平面デザインアンテナ新規設置ならお任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-987-033 【電話対応時間】24時間365日受付

ブログ


WI-FIの電波が悪くなる原因について解説

場合によっては電波が悪くなる原因にもなるルーター

WI-FIの電波が悪くなる原因について

この記事を読むための時間:3分

自宅のインターネットにWI-FIを使用するのが、もはや当たり前の時代になってきましたね。WI-FIのおかげでケーブルを接続する必要がなく、場所を選ばずにインターネットを楽しめるようになったのは事実です。しかし、WI-FIを使用していて困るのが時折起こる電波環境の悪さ。果たしてWI-FI使用時に電波が悪くなる原因は一体何なのでしょうか?

 

そこで今回はWI-FIの電波が悪くなる原因とその対処法についてお話していきます。WI-FIを使用中に電波環境が常に悪くて困っている方はどうぞお見逃しなく!

WI-FIの電波が悪くなる原因は?

WI-FIを使用していて電波が悪くなる原因について考えられる項目は次の3つです。

 

・電波障害
・ルーター
・回線が込み合っている

 

ルーターの設置場所が悪かったり、ルーター自体に問題があったりすると電波障害が発生します。また、回線の使い方にも要因があるようです。具体的に見ていきましょう。

電波障害

WI-FI使用時に電波が悪くなる原因として最も多いのが、電波障害です。同じ周波数の電化製品が周辺にあったり、電波を遮るようなものが間にあったりすると電波障害が発生します。例えばルーターとPCとの間に水槽があったりすると、電波が水に吸収されてしまい、電波障害が発生する場合があります。また、ルーターの周りが家具や壁で囲まれていたりしても、電波障害が起こる可能性が高いです。ルーターは周辺環境に影響を受けやすいので、設置場所については注意が必要です。

ルーター

ルーターが古かったり、故障していたりなど、ルーター自体が不調であることが原因である可能性もあります。ルーターの置き場所を変えてみたり、中継器を設置したりしても改善しない場合はルーターの不調を疑って、まず間違いないでしょう。

回線が込み合っている

一度に複数のデバイスを使用し、回線が混雑することで電波環境が悪くなることもあります。1つのルーターで処理できる数は決まっていて、限界ぎりぎりになるとルーターが処理しきれなくなり、電波が悪くなる場合があります。

WI-FIの電波が悪くなった時の対処法

WI-FIを使用していて電波が悪くなった時の対処法は次の3つです。

 

・中継器の設置
・ルーターのアップデート
・ルーターの設置場所を変更

 

有効な対策をどのようにして行えばよいのか、具体的に解説します。

中継器の設置

WI-FIを使用していて電波が悪くなった時の有効な対処法としてオススメなのが中継器を設置することです。ルーターとデバイスとの間に中継器があれば電波が確実に届いて、環境も改善します。ルーターとの距離がどうしても離れてしまう、間の障害物がどうしても避けられない、などの環境の場合はかなり有効な手段です。

ルーターのアップデート

ルーターのアップデートや再起動が可能な場合は実施してみましょう。アップデートや再起動を行うことで電波が改善されるのはよくあることです。それでも改善しない場合はルーターの故障も考えられます。年数が古いものであれば、新品との交換も検討しましょう。

ルーターの設置場所を変更

WI-FIを使用していて電波が悪く感じたら、まずはルーターの設置場所を変更してみましょう。設置場所が壁で囲まれた場所であったり、周辺に同じ周波数の電化製品などがあったりすると、電波が悪くなる可能性がかなり高いです。電波を遮るものができるだけ何もない所に設置場所を変更して、まずは様子を見てみましょう。

電波が悪くなる原因を理解しよう

最近ではインターネットに接続可能なテレビが主流になり、電波の悪さが気になる方もいるのではと思い、今回は電波が悪くなる原因について、いろいろと解説しました。しかしインターネット環境ではなく、通常のテレビで映りが悪いなどの症状が出た場合はアンテナの向きや設置場所に原因があるかもしれません。

 

アンテナの故障や新規設置を検討されるのであれば、まずはお気軽に当店へご相談ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.