業界最安値!アンテナ修理・アンテナ工事・平面デザインアンテナ新規設置ならお任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-987-033 【電話対応時間】24時間365日受付

ブログ


雷のあと、テレビに「e202」エラーが表示されたらどうする?

落雷の後e202エラーが出るテレビ

雷のあと、テレビに「e202」エラーが表示されたら?

この記事を読むための時間:3分

ゴロゴロと雷が鳴ったと思ったら、テレビが映らなくなって「e202」と表示された!なんて経験はありませんか?「e202」とは、「テレビが電波を受信できなくなっている状態」を示すエラーコードです。この記事では、雷が落ちた、もしくは鳴った後にテレビに「e202」エラーが表示されたらどうすれば良いのか、対処法を紹介します。また、雷の後「e202」エラーが表示された時に考えられる原因と、テレビに影響する雷の種類などもわかりやすく紹介するので、詳しく知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。

雷の後「e202」エラーが表示されるのはどういう状態?

まずは、雷の後「e202」エラーが表示されたら一体どういう状態なのかを紹介します。

①雷が原因で電波が悪い

近くに落雷していない場合に考えられるのは、電波が弱くなっているということです。テレビの電波は、悪天候や災害の影響で受信状況が悪くなることがあります。そのため、雷やそれに伴う大雨の影響でアンテナが電波を受信しにくくなっている可能性が高いです。また、強風によってアンテナの向きが不安定になった場合も、うまく電波を受信できなくなる場合があります。

②ブースターの保護回路が作動した

近くに落雷した場合に考えられるのは、ブースターの保護回路が作動して電源が落ちたというもの。つまり、雷が落ちたため、異常電流による発火やショートを防ぐためにブースターの保護回路が作動して、強制的に電源が切れているということです。「ブースター」とは電波を増幅するための機器で、電源が切れているとテレビが電波を受信できません。とはいえ、保護回路が作動せずブースターや周辺機器がショート・故障している可能性もあります。

③雷以外の原因で電波が悪い可能性もあり

偶然雷が鳴っている時に、雷以外の理由で電波が悪くなった可能性もなくはありません。例えばアンテナケーブルの接続不良が起きていたり、チャンネル設定にミスがあったり。直前まで映っていたのに、雷が鳴ったタイミングで「e202」エラーが表示されてテレビが見られなくなったら雷が原因である可能性が非常に高いですが、普段から時々「e202」エラーが出る場合は他の原因も疑ってみましょう。

テレビに影響する雷は2種類ある!

続いて、テレビに影響する雷について紹介します。実は、テレビの「e202」エラーを引き起こす雷には以下の2種類があります。

直撃雷

直撃雷とは、直接対象物に落雷することです。雷は高い場所に落ちやすく、特に隣接する建物や電柱、大木などのないひらけた場所にある高いものに落ちやすい性質を持ちます。そのため一軒家に直撃するのは非常に稀で、その確率は1000万分の1とも言われています。もし雷がアンテナに直撃すると膨大なエネルギーを受けてアンテナが壊れるのはもちろんのこと、家の中の電気が通っている電化製品はほとんどが壊れてしまうことが多いです。

誘導雷

誘導雷とは、近くに落ちた雷によって電磁誘導が起こり、周囲の地面や電線に大きな電圧や電流が流れることです。このような雷によって発生する一時的な異常な過電流のことを「雷サージ」を呼びます。雷による一般家庭への被害のほとんどは、直撃雷ではなく誘導雷です。高電圧がアンテナ線にも流れ、ブースターの保護回路が作動したりショートしたりして「e202」エラーが表示されるだけでなく、電化製品に流れ込んで壊れてしまうこともあります。

雷の後「e202」エラーが表示されたらできること

最後に、雷の後「e202」エラーが表示された時の対処法を紹介します。雷が鳴っている間は感電などの危険があるため、雷雲が去ってから行うようにしてください。

ブースターの電源を確認

まずは、ブースターの保護回路が作動して電源が切れたことを疑って、ブースターの電源を確認しましょう。ブースターの増幅部(本体)はアンテナの近くにありますが、電源部はテレビの周辺にあることが多いです。電源を入れ直してみると、それだけで「e202」エラーが解消されることがあります。電源がつかなければブースターが故障している可能性が高いです。また、ブースターが付いていないアンテナの場合はアンテナケーブルの断線が考えられます。

できる範囲で接続を改善

接続不良を疑って、テレビ周辺のケーブル類がしっかり挿さっているかどうか、配線が間違っていないかどうかを確認してみましょう。また、ケーブルがショートしていたり劣化していたりする可能性もあるので、できる範囲でチェックしてください。電源が切れていることを確認したうえで電源プラグを一度抜き、しばらくしてから挿し直すことでリセットされて改善することもあります。

アンテナレベルの確認

続いて、アンテナレベル(​​信号品質)を確認します。アンテナレベルとは、テレビの電波を受信する強さのことです。確認方法やアンテナレベルの基準はテレビのメーカーやモデルによって異なります。リモコンを使ってテレビ画面で確認できるので、取扱説明書や公式ホームページでご確認ください。アンテナレベルが低い場合はアンテナに何らかの不具合があると考えられます。

修理を依頼する

ブースターの電源を付けたり配線の接続不良を確認したりしても改善しない場合は、業者に依頼して修理・点検をしてもらいましょう。雷の後は、アンテナやその周辺を自分で修理するのは特に危険なので、プロに依頼するのがおすすめです。

 

当店「アンテナパンダ」では、アンテナ修理・工事・新規設置などを承っております。東京都や大阪府をはじめ北海道や福岡県まで、幅広いエリアをカバーしており、災害などによる急なトラブルにもスピーディーに対応可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

雷で「e202」エラーが表示されたら、慌てず対処しよう

雷のあとにテレビに「e202」エラーが表示された時の原因や対処法を紹介しました。雷が原因の場合は、悪天候で電波が弱くなっているか、落雷によってブースターや回路に影響があったと考えられます。どちらにしても感電の恐れがあるため、慌ててアンテナやケーブルを触るなどせず、まずは雷が落ち着くのを待つことが大切です。雷で「e202」エラーが表示されたら、慌てず適切に対処してください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.