業界最安値!アンテナ修理・アンテナ工事・平面デザインアンテナ新規設置ならお任せください。

お気軽にお電話でお問い合わせください。 0120-987-033 【電話対応時間】24時間365日受付

ブログ


テレビが時々映らなくなり「e202」と表示されるのは修理が必要?

時々e202エラーが出る液晶テレビ

時々テレビが「e202」エラーになる

この記事を読むための時間:3分

時々テレビが映らなくなり「e202」と表示されると困っていませんか?「e202ってなに?」「修理が必要なの?」などと悩んでいる方も多いはずです。そこでこの記事では、時々テレビが「e202」エラーになる問題の対処法について紹介します。「e201」「e203」などのエラーについても紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

「e202」エラーコードって何?

「e202」エラーコードとは、テレビにエラーが起きた時に表示されるエラーコードのひとつです。数ある中でも「e202」は、信号が受信できないときに表示されます。つまり、何らかの原因により、テレビの電波を受信し本体まで送り届けられない状態というわけです。一部のチャンネルのみ映らなくなって「e202」が表示されることもあれば、全てのチャンネルが映らない場合や、家中のテレビが映らない、地域一帯のテレビが映らないなどのケースもあります。

時々「e202」エラーになるテレビの対処法

「e202」エラーが起こるのにはさまざまな原因が考えられますが、常にではなく時々表示されるという点からある程度原因が絞れるんです。ここからは、時々「e202」エラーになるテレビの3つの対処法を紹介します。

配線ケーブルを接続しなおす

時々「e202」エラーになるときは、高い確率でアンテナからのケーブルやコネクターの接続に不具合があると考えられます。しっかり挿しこめておらず緩んでいないか確認し、テレビの電源が切れていることを確認したうえでケーブルを一度抜き差ししてみましょう。それでも改善されない場合は、接続端子の先端が歪んでいたりケーブルが劣化していたりしないかも確認してください。

アンテナを修理する

配線ケーブルに問題がない場合は、アンテナに問題があるため時々「e202」エラーが表示されていると考えられます。テレビのアンテナは特定の角度を向いて設定されている必要がありますが、強風や経年劣化によって向きがずれているのかもしれません。また、アンテナの表面に水分が付着して「水膜減衰」が起きていることもあります。アンテナに原因がある場合は、修理や向き調節が必要です。テレビやBSのアンテナは高所にあるうえ電気が通っているものなので、自分で修理をするのは危険。故障の原因にもなるので、プロの業者に依頼するようにしましょう。

電波障害を確認する

配線・アンテナ共に異常がない場合は、電波障害が発生している可能性が高いです。電波障害とは、高層ビルや大木などの障害物や、他の強い電波が、テレビの電波受信を邪魔している状態のこと。周囲に大きな建物があったり、最近新しいビルが建ったり、近隣のお家でもテレビが映らず「e202」エラーが表示されていたりするのであれば、電波障害を疑いましょう。お住まいの地域の総合通信局やNHKに相談するといった対処法があるほか、高性能アンテナに変更すると改善されることもあります。

その他のよくあるエラーコード

続いて、e202以外でよく表示されるテレビのエラーコードを紹介します。

e201

「テレビが低階層映像に切換わった」という状態を表すエラーコードです。このコードが表示された時は、「e202」と同じでアンテナが受信する電波が弱くなっています。違うのは、「e202」のように全く映像を映せないわけではなく、映像を低階層に切り替えて映すことは可能であるということです。画質や音質が悪くなり、一部の情報が表示できないこともあります。

e203

「現在放送されていない」という状態を表すエラーコードです。電波や配線には関係なく、単純にそのチャンネルは放送休止中なので、チャンネルを変更しましょう。

e100

「B-CASカードが未挿入」という状態を表すエラーコードです。「B-CASカード」とは、デジタル放送を受信するのに必要なカードで、テレビの上部または側面に挿入されています。最近は4K・8Kテレビなどで「B-CASカード」が不要なモデルもありますが、今流通しているテレビのほとんどは放送を見るのに「B-CASカード」が必要不可欠です。デジタル放送受信機を購入すると付属してきますが、中古で購入すると付属していないこともあるので注意しましょう。

e209

「衛星アンテナケーブルがショートしていて衛星放送が受信できない」という状態を表すエラーコードです。BS・110度CS放送を受信する「BS・110°CSアンテナ」のケーブルがショートしてしまっている、または「BS・110°CSアンテナ」の電源を守るために安全装置が働いているのどちらかであると考えられます。テレビの電源を切り、ケーブルから煙が出ていたり断線したりしている箇所がないか確認してみましょう。感電などの恐れがあるので、アンテナ業者に点検・修理を依頼するのがおすすめです。

時々「e202」エラーになるなら、修理すべき不具合があるかも

時々テレビが映らなくなり「e202」エラーが表示される場合の対処法について紹介しました。単なる接触不良でなければ、アンテナに修理すべき不具合が生じている可能性もあります。また電波障害の可能性もあるので、近所のお家でも同じ症状が出ていないか確認してみましょう。

 

当店「アンテナパンダ」では、アンテナ修理・工事・新規設置などを承っております。豊富な知識と実績をもとにスピーディーに対応いたしますので、原因不明のエラーなどにお困りの方はぜひお気軽にご相談ください。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 合同会社3PM. All rights Reserved.